トビックス

東郷証券の元巨人投手は林泰宏で現在は取締役?顔画像や経歴プロフィール

投稿日:

 

外国為替証拠金取引(FX)を手掛ける東郷証券が、顧客に損失補填を行った疑いが強まったとして
取締役の男性を金融商品取引法違反(損失補填等の禁止)容疑で近く立件されるという
ニュースが話題になっています。

 

立件される見通しの取締役は、元巨人のドラフト1位投手だったようです。
元巨人で活躍し、現在は東郷証券の取締役を勤めているのは誰なのか?

気になったので調べてみました。

 

スポンサーリンク

東郷証券が損失補填で取締役の男性が立件へ

外国為替証拠金取引(FX)を手掛ける東郷証券(東京都港区)が顧客に損失補填(ほてん)を行った疑いが強まったとして、東京地検特捜部が、同社の男性取締役(57)を金融商品取引法違反(損失補填等の禁止)容疑で近く立件する方針を固めたことが12日、関係者への取材で分かった。特捜部はすでにこの取締役らから事情聴取。詰めの捜査を進めているもようだ。

取締役は元プロ野球選手で、昭和54年に投手としてドラフト1位で巨人に入団し、引退後は証券業界に転身。親会社の代表取締役を務めており、特捜部は東郷証券の実質的な経営者で、損失補填を主導したとみている。

関係者によると、東郷証券はFXを行っていた複数の顧客に対し、損失の穴埋めをした疑いがあり、補填額が数千万円に上る顧客もいるという。補填の原資は架空の外部委託費から捻出していたとみられる。

損失補填はバブル崩壊後、大手証券会社などで発覚し社会問題化。平成3年に証券取引法(現金商法)改正で禁じられた。違反した場合、3年以下の懲役か300万円以下の罰金、またはその両方。

証券取引等監視委員会の証券検査の過程で損失補填疑惑が浮上。監視委が今年2月、同社本社など関係先を強制調査していた。

民間の信用調査機関などによると、東郷証券は平成14年、「サザインベストメント」として設立。24年と26年に商号を変更し、29年4月から現社名に変更した。インターネット取引手数料0円に挑戦するなどFX取扱業者のパイオニアとして知られる。30年3月期の売上高は約35億8千万円。

https://headlines.yahoo.co.jp/

 

ここで問題になっている「損失補填」とは
言葉は聞いたことがありますが、実際はどんなものなのでしょうか?

顧客による有価証券の売買で発生した顧客の損失について、証券会社が補い埋めること。金融商品取引法では第39条で金融商品取引業者と顧客の双方について、禁止行為として明記されている。事前に証券会社等が損失保証を行うのは、投資者の自己責任原則に反し、証券市場の公正な価格形成機能を阻害することになるし、事後的に損失補填を行うことは、証券会社の市場仲介者としての中立性、公平性、健全性に背く行為だからである。顧客サイドに対しても禁止行為として明記されているのは、大口取引の条件として証券会社に損失補填を要求するような行為を抑止するためである。

https://kotobank.jp/

 

簡単に言うと、株やFXで損をした顧客に対して、
証券会社が現金や債券で穴埋めするということですね。

 

損をした金額をチャラにしてくれるのであれば
「〇〇会社の取引で損したから、次は△△会社で取引するか」
なんて考えてしまう顧客を繋ぎ止めることができますね。

 

証券会社としては大口の顧客であればあるほど、
自社で取引してもらえればそれだけ手数料で儲けることができます。

 

東郷証券取締役の元巨人投手は誰?

顧客に対して損失補填したとして問題になっている東郷証券ですが、
立件される見通しの取締役が、元巨人の選手だったことでさらに話題になっています。

 

元プロ野球選手で、昭和54年に投手としてドラフト1位で巨人に入団した投手とのこと。
そこで昭和54年のドラフトを調べてみると、林泰宏さんが巨人から1位指名されているのが分かりました。

https://ja.wikipedia.org/

 

確認のために林泰宏さんのWikipediaも見てみると
東郷証券の取締役であることが記載されていました。

https://ja.wikipedia.org/

 

これらの情報から、今回立件されると言われている
東郷証券の取締役は林泰宏さんで間違いないと思います。

 

スポンサーリンク

林泰宏の顔画像やプロフィールは?

https://matome.naver.jp/

 

  • 名前:林 泰宏(はやし やすひろ)
  • 出身:熊本県
  • 生年月日:1961年6月16日(57歳)
  • 身長:183 cm
  • 体重:78 kg
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:投手

 

1979年のドラフトで巨人から1位指名を受け入団。
将来のエースを期待されるも、コントロールが悪く伸び悩み近鉄にトレードされます。

 

近鉄では故障もあり、思ったような投球ができずに自由契約になってしまいます。
オフに受けた入団テストに合格し大洋ホエールズへ。

 

しかしここでも故障に悩まされ、活躍することなく自由契約から引退の道を選びます。
結局1軍では1試合も投げずに引退していたようです。

 

ネットの反応

 

スポンサーリンク

 

 

-トビックス

Copyright© まったり動画ライフ , 2019 All Rights Reserved.