トビックス

新紙幣の発行予定はいつから?刷新理由や肖像画人物は誰?

投稿日:

 

新元号が「令和」に決まって盛り上がっていますが、
ここへ来て1万円などの紙幣の肖像画も変更されるようです。

 

そこで今回は、新紙幣の発行予定はいつからなのか
また、刷新理由や肖像画の人物は誰になるのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

日本の紙幣が刷新 肖像画はだれ?

政府は数年後をめどに、1万円などの紙幣の肖像画を変える準備に入った。
肖像画の変更は2004年以来となる。政府関係者が9日未明、明らかにした。

1万円札は第一国立銀行や東京証券取引所など多くの企業を設立、経営した実業家、渋沢栄一
5000円札は津田塾大学の創始者、津田梅子
1000円札は「近代日本医学の父」として知られ、ペスト菌を発見するなど医学の発展に貢献した北里柴三郎の肖像画を使用することを検討している。

1万円札の肖像は1984年に聖徳太子から福沢諭吉になって以来の変更となる。
5000円札の肖像は04年に新渡戸稲造から日本で戦後初めて女性の樋口一葉になり、
1000円札の肖像は同年に夏目漱石から野口英世に変わっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/

 

5月から新しい元号に変わりますが、
現在使われている紙幣も刷新されることになりました。

 

1万円札は「諭吉さん」なんて呼ばれることもありましたが、
新紙幣が発行されてからは「渋沢さん」とか「栄一さん」になるんでしょうか?

 

諭吉というのは他にないような名前ですが、
渋沢栄一もいないこともないので、どうなんでしょう。

 

新紙幣の顔ともいうべき肖像画の人物は

  • 一万円札は渋沢栄一さん
  • 五千円札は津田梅子さん
  • 千円札は北里柴三郎さん

を使用することを検討しているようです。

 

この3人がなぜ選ばれたかについてはまだ発表されていませんが、
それぞれ理由があるようです。

 

渋沢栄一さんは「資本主義の父」と呼ばれていて、
日本の資本主義発展に大きく貢献したこと。

 

津田梅子さんは津田塾大学の創始者であり、6歳でアメリカ留学もした秀才。
北里柴三郎さんは「近代日本医学の父」として知らて、ペスト菌の発見や、
破傷風の治療法を開発するなど感染症医学の発展に貢献した人物です。

 

ちなみに、今までどのような人物が紙幣の顔だったか覚えていますか?

 

一万円札:聖徳太子→福沢諭吉→渋沢栄一

五千円札:聖徳太子→新渡戸稲造→樋口一葉→津田梅子

千円札:聖徳太子→伊藤博文→夏目漱石→野口英世→北里柴三郎

 

 

新紙幣の発行予定はいつから?

新紙幣への刷新が検討されているようですが、
気になってくるのが発行予定はいつからなのか?

 

そこで調べてみると、
日本では紙幣の刷新は20年ごとに行われていることが分かりました。

  • 前々回は1984年(昭和59年)11月1日
  • 前回は 2004年(平成16年)11月1日

に変更されています。

 

そのことから考えると、今回の新紙幣発行予定は

2024年(令和6年)11月1日

になると思われます。

今が2019年ですので、5年後ということですね。
その時には新紙幣に変わることは忘れていて、また驚いてしまうような気もw

 

ちなみに「令和」が刻印された貨幣の発行は、
早くても2019年6月下旬になるようです。

 

スポンサーリンク

新紙幣に刷新される理由は?

新しい紙幣に変更されることになりましたが、
そもそもなぜデザインを変更するのかも気になってきます。

 

紙幣が刷新される理由は

最新の偽造防止技術を紙幣に反映させるため

 

偽造防止のために20年周期でデザイン変更するように
しているということなんですね。

 

紙幣の様式は通貨行政を担当している財務省、発行元の日本銀行、製造元の国立印刷局の3者で協議し、
日本銀行法に基づいて財務相が決めるそうです。

 

ネットの反応

 

スポンサーリンク

 

 

-トビックス

Copyright© まったり動画ライフ , 2019 All Rights Reserved.