トビックス

大原直美は当たり屋?会田誠をセクハラ扱いで大学を訴えた理由は?

投稿日:

 

 

芸術家の会田誠氏が、講師として京都造形芸術大の公開講座を行った際、
セクハラ的内容を含む講義を行ったとして「瓜生山学園」に対して
大原直美さんが訴えを起こしました。

 

なぜこのようなことが起きてしまったのか
また、訴えを起こした大原直美さんが、当たり屋といわれる理由を調べてみました。

 

スポンサーリンク

大原直美の顔画像

  • 名前:大原直美
  • 年齢:39歳

 

事件の概要は?

京都造形芸術大の東京キャンパスで公開講座を受けたところ、
ゲスト講師だった芸術家の会田誠さんの講義でショックを受けたということ。

 

会田誠さんらゲスト講師を招いた京都造形芸術大を運営する学校法人「瓜生山学園」を相手取り、
慰謝料など計約333万円の支払いをもとめる訴訟を東京地裁に起こしました。

 

大原さんは2018年4月から6月にかけて、京都造形大・東京藝術学舎で開かれた
社会人向け公開講座(全5回)を受講し、第3回のゲスト講師だった
芸術家の会田誠さんの講義でショックを受けたと主張しています。

 

その講義の内容は、

涙を流した少女が暴行される絵や、全裸の女性が排泄している絵、
四肢を切断された女性が犬の格好をしている絵スクリーンに映し出すというもの。

 

また、会田さんはさらに「デッサンに来たモデルをズリネタにした」と
下ネタで笑いをとるなどしたこと。

 

大原さんは、会田さんのキャラクターや作風を知らなかったようで、
講義後に動悸や吐き気、不眠の症状がつづき、急性ストレス障害の診断を受けたそうです。

 

そして、会田誠さんに対してではなく、この環境を作り出したことが問題だとして
「瓜生山学園」を相手取り訴訟を起こしています。

 

大学側は環境型セクハラについて、対策が不十分だったと調査報告書をまとめましたが、
そのあとの話し合いで、示談にあたって、お互い関わり合いを持つことをやめる、
という項目の要望があり、交渉が決裂していたそうです。

 

スポンサーリンク

 

確かにショッキングな内容の作品を見せられて、
精神的苦痛を受けたというのも分からなくはないですが、
自分が受ける講義に参加する講師のことを知らなかったというのはどうなんでしょう?

 

もちろん会田誠さんのことを、全ての人が知っているわけではありませんが、
知らなければ講義の前に少しでも検索したりしないものですかね?

 

実際に「会田誠」で調べればすぐに、
どんな作品を扱っているかは分かるんですよね。

 

こういった内容に対して、当たり屋じゃないのか?
というコメントも多く上がっているようです。

 

大原直美が当たり屋と言われるのは?

 

訴訟がどのような結果になるか分かりませんが、
当たり屋と感じている人はかなり多いようですね。

 

スポンサーリンク

 

-トビックス

Copyright© まったり動画ライフ , 2019 All Rights Reserved.