トビックス

高田純次ポルシェ事故の被害者Aの顔画像や名前は?当たり屋否定のTwitter

投稿日:

 

タレントの高田純次さんが、東京都内の首都高速道路で交通事故を起こし、
22歳の男性が怪我を負っていたことが報道されました。

 

高田純次さんは合流する時に、前を走っていた車の左後ろにぶつかったものの
そのまま走り去ってしまったということ。

 

その後、高速をおりて被害者と話し合いをしたようですが、
これが事実であれば、完全な当て逃げ事故になってしまいます。

 

しかし、ここへきて被害者の男性が実は当たり屋なのではと
ネット上で話題になっています。

 

今回は高田純次さんが起こした交通事故の詳細や、
被害者のAさんについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

高田純次が当て逃げ事故?

タレントの高田純次が、東京都内の首都高速道路で交通事故を起こし、
22歳の男性が怪我を負っていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

事故が起きたのは4月14日。被害者のAさんが、事故の状況を説明する。

「左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。
『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェはそのまま僕の車を追い抜いていった。
その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました」

約15分後、首都高から降りたところで、高田は車を降り、Aさんと応対。
高田は当初、「(Aさんの車に)当たってませんよ」と話していたが、
そのうち「今20万持ってます」と、“示談交渉”を持ちかけた。

Aさんは拒否し、話し合いを続けることになったが、高田本人と連絡が取れなくなり、弁護士を立てたという。

事故後、Aさんは医師から「頸椎と腰椎の捻挫」と「全身打撲傷」で、全治2週間を要する見込みと診断された。

高田は、小誌の取材に対し、「当たった認識はなかった」と「当て逃げ」を否定。
その上で、事故を起こしたことは認め、「もちろん僕のほうに非はあるんでしょうけどね、
それを私のほうで(治療費は)全部持ちます、ということを保険の方には色々話しましたけどね」と説明した。

高田は2009年に、前方不注意でミニバイクと衝突事故を起こし、19歳の男性に全治2週間の怪我を負わせている。
この時には、「二度とこのような事故を起こさないよう慎重に行動し、努力していきたいと思います」とコメントしていた。
また、昨年3月にも、信号待ちの車に追突事故を起こしている。

自身の運転について危うさを感じることはないのかを聞くと、
「まあ、自分で(運転が)危ないなと思うことはほとんどないんですけどねえ。
高齢は高齢なんですけど、運転は好きな方ですから」と回答した。

Aさんの父親は、「高田さんの対応は誠意が感じられず、現在は告訴の準備も進めています」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/

 

タレントの高田純次さんが、首都高を運転中に事故を起こしていたと報道されました。

 

事故後に高田さんは停車することなく走り去ってしまったそうで、
この事故により相手の男性Aさんはケガを負ったとのこと。

 

被害に遭ったのは22歳男性のAさんだそうです。

 

その後、高速を降りて2人は話し合いをしたようで、
最初は車が接触したことを否定した高田純次さんでしたが、
示談金として20万円を提示したと言われています。

 

高田純次ポルシェ事故の被害者Aの名前や顔画像は?

高田純次さんに車をぶつけられた被害者の男性
報道ではAさんとなっていますが、名前などは判明しているんでしょうか?

 

気になったので調べてみましたが、被害男性Aさんの顔画像や名前については
残念ながら現在のところ分かっていません。

 

22歳のフリーターとも言われていますが、詳細は判明しませんでした。

 

被害者Aさんのプロフィール

  • 名前:不明
  • 年齢:22歳
  • 職業:不明(フリーター?)

 

 

車をぶつけられた側の被害者であるAさんですが、
ネット上では当たり屋なのではないかと話題になっています。

 

車の左後方がぶつかっただけなのに、頸椎と腰椎の捻挫と全身打撲傷で、
全治2週間のケガを負っていることがおかしいと言われています。

 

実際に事故遭っていないのでどれほどの衝撃だったか分かりませんが、
当初高田純次さんは接触したことを否定していたそうです。

 

最終的には当たったことを認めているようですが、
ごまかそうと思ったのであれば、そのくらいの接触で全身打撲で2週間のケガをするのか?
と疑問に思う人がたくさんいるということ。

 

さらにAさん側は、高田純次さんとのやり取りを録音していましたが、
そのデータを警察にではなく、週刊文春に提供したことでも
お金目的だったのではと疑惑の目を向けられています。

 

スポンサーリンク

被害者AがTwitterで当たり屋を否定

被害者であるはずなのに、当たり屋呼ばわりされたことで
Aさんと思われる人物がTwitterで疑惑を否定しました。

4/14 首都高速道路上でタレントの高田純次さんに後方から追突された被害者Aです。
ネットのコメントなどであまりにも私自身が非難をあびているので誤解を解きたくアカウントを作りました。
なぜすぐに警察を呼ばなかったなど、コメントで疑問に思われている分についてお話しできればと思っております。 

ーA(@A42273696)

 

私は当り屋、高田氏を狙った や けがを負った状況で良く追いかけられた、などかなりのバッシングを受けており、大変心が痛いです。
まず、断言します。私は失礼ながら高田氏を認知しておりませんでした。
これは高田氏や現場にかけつけてくれた父に聞けばわかるお話です。
ですので狙う事は不可です 

ーA(@A42273696)

 

医師にも言われましたが、事故当日は感情が高ぶっていたこともありアドレナリンなどで痛みがわからなかった、同じ状態のけがを負ったことがあるので、私の追跡ができたのはあり得ないとおっしゃる方いらっしゃいますが、個人個人で症状のでかたは違うと思います。また、当時から右方首は単で居りました

ーA(@A42273696)

 

このようにAさんは当たり屋でもなんでもなく、被害者なのだと主張しています。

さらにAさんは週刊文春に100万円で情報を売ったと噂されていますが、
情報を流したのは父親で、現金も受け取っていないとのこと。

 

現場でどのようなやり取りがあったのか真相は分かりませんが、
高田純次さんにしろAさんにしろ、警察を呼んでないことがそもそもおかしい。

 

事故を起こしたら警察に連絡!(けが人いれば救急車も)って
自動車学校で習いませんでしたかね?

 

父親には連絡したにもかかわらず
なんで警察を呼ばなかったのかというのは疑問ですね。

 

ネットの反応

 

スポンサーリンク

 

 

-トビックス

Copyright© まったり動画ライフ , 2019 All Rights Reserved.