トビックス

高田純次当て逃げは当たり屋が相手?事故の音声や動画はあるの?

投稿日:

 

タレントの高田純次さんが、東京都内の首都高速道路で交通事故を起こし、
22歳の男性が怪我を負っていたことが報道されました。

 

高田純次さんは事故後に停車することなく走り去ったため、
当て逃げではないかと言われていますが、
ここへきて被害者の男性が実は当たり屋なのではとの疑惑が・・・。

 

今回は高田純次さんが起こした交通事故の詳細や、
相手が当たり屋だと言われている理由について調べてみました。

 

スポンサーリンク

高田純次が当て逃げ事故?

タレントの高田純次が、東京都内の首都高速道路で交通事故を起こし、
22歳の男性が怪我を負っていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

事故が起きたのは4月14日。被害者のAさんが、事故の状況を説明する。

「左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。
『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェはそのまま僕の車を追い抜いていった。
その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました」

約15分後、首都高から降りたところで、高田は車を降り、Aさんと応対。
高田は当初、「(Aさんの車に)当たってませんよ」と話していたが、
そのうち「今20万持ってます」と、“示談交渉”を持ちかけた。

Aさんは拒否し、話し合いを続けることになったが、高田本人と連絡が取れなくなり、弁護士を立てたという。

事故後、Aさんは医師から「頸椎と腰椎の捻挫」と「全身打撲傷」で、全治2週間を要する見込みと診断された。

高田は、小誌の取材に対し、「当たった認識はなかった」と「当て逃げ」を否定。
その上で、事故を起こしたことは認め、「もちろん僕のほうに非はあるんでしょうけどね、
それを私のほうで(治療費は)全部持ちます、ということを保険の方には色々話しましたけどね」と説明した。

高田は2009年に、前方不注意でミニバイクと衝突事故を起こし、19歳の男性に全治2週間の怪我を負わせている。
この時には、「二度とこのような事故を起こさないよう慎重に行動し、努力していきたいと思います」とコメントしていた。
また、昨年3月にも、信号待ちの車に追突事故を起こしている。

自身の運転について危うさを感じることはないのかを聞くと、
「まあ、自分で(運転が)危ないなと思うことはほとんどないんですけどねえ。
高齢は高齢なんですけど、運転は好きな方ですから」と回答した。

Aさんの父親は、「高田さんの対応は誠意が感じられず、現在は告訴の準備も進めています」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/

 

高田純次さんが4月14日に首都高を走行していたところ
他の車にぶつかり、そのまま走り去ってしまったということのようです。

 

走行中だったとは言え、他の車にぶつかったとなれば
結構な音がしますので通常は気づきそうなものです。

 

車の中にいてぶつけたり、こすったりすると
ちょっとした傷だったとしても、そこそこ大きい音に聞こえます。

 

テレビではふざけた態度で笑わせてくれる高田純次さんですが、もう72歳なんですね。
今回の事故は10年で3回目のことなんだとか。

 

最近では高齢者ドライバーによる悲惨な事故が増えています。
運転はお好きなようで、心苦しいでしょうが
そろそろ免許返納を考えた方がいいのかもしれませんね。

 

高田純次の事故相手が当たり屋?

今回高田純次さんが起こしてしまった交通事故ですが、
実は被害者の方が当たり屋なのでは?と騒がれています。

その理由はなんなのでしょうか?

 

今回の高田純次さんの交通事故は
週刊文春が報じたことで明るみに出ました。

 

事故後の高田純次さんと被害者のやり取りを録音したものを元に
週刊文春が報じたということになります。

 

言った言わないのトラブルを避けるために録音するのは分かります。
しかしそれを警察に提供せず、週刊誌に渡したことから
怪しいのでは?と疑惑の目を向けられているようです。

 

通常事故が起こればすぐに警察を呼びますが、
被害者は警察を呼びませんでした。

 

そして、警察に提出するために録音したのかと思いきや、
警察に出す前に文春に渡していることに違和感を持った人が多いようです。

 

高田純次さんは被害者に示談を持ちかけ、
20万円と車の修理費+100万円を払おうとしたようです。

まぁこの時点でダメなんですけどね。すぐに警察呼ばないと・・・
示談にするかどうかはその後です。

 

しかし、被害者はこの提示を拒否します。
車を修理してもらって、100万以上もらえるんであれば、
普通ならOKしそうなもんですが。

 

 

その場でお金を受け取らず、警察にも届けずに
録音データを文春に渡したということから、
情報を売ってお金を得ようとしたのではと言われているようです。

 

もちろん被害者が当たり屋という事実は報道されていません。
あくまでこれらの行動がおかしいのではないかと
感じている人が多くいるという紹介です。

 

スポンサーリンク

事故の音声や動画は?

今回高田純次さんが起こしてしまった交通事故ですが、
事故の瞬間の動画などないのでしょうか?

 

最近ではドライブレコーダーを積んだ車も増えてきました。
そのおかげで事故の様子が分かったり、煽り運転の証拠にもなっています。

 

高田純次さんは当初、当たっていないと認識していたようですが、
どちらかの車にドライブレコーダーが搭載されていたとしたら、
映像を確認すれば一発で判明したのではないでしょうか?

 

しかし、現在のところ事故の様子を撮影した動画は見つかっていないようです。

 

ただ、被害者が録音して文春に提供した
音声データが公開されているようです。

 

音声を聞いてもらえば分かりますが
高田純次さん「これでナッシング」なんて言っちゃってますね。

 

文章の一部を英語にするという、ルー大柴さんのルー語みたいな感じですね。
普段からこのような喋りでクセみたいになっているんでしょう。

 

真面目に話しているつもりなのでしょうが、
テレビのイメージからふざけてると感じられても仕方ないかもしれません。

この言い方はちょっと軽率でしたね。

 

ネットの反応

 

スポンサーリンク

 

 

-トビックス

Copyright© まったり動画ライフ , 2019 All Rights Reserved.