あらすじ・感想

『グッドドクター』9話のネタバレ あらすじ・感想【いよちゃんの涙の理由は?】

投稿日:

前回までのグッドドクター・・

 

ついに小児外科は廃止されることが決まった。
自分の決断に後悔を感じる理事長の美智。

 

湊は初めての担当患者、伊代に振り回されっぱなし。
初恋に浮かれている伊代だったが、容体が急変し倒れてしまう。

 

『グッド・ドクター』前回までのネタバレや感想はこちらの記事で

『グッド・ドクター』を動画で無料視聴したい場合はこちらで紹介しています。

『グッド・ドクター』の見逃しフル動画を無料視聴する方法

スポンサーリンク

『グッドドクター』9話 あらすじ

新堂湊(山﨑賢人)は、瀬戸夏美(上野樹里)や高山誠司(藤木直人)たち小児外科チームの一員として認められてきた。
そんな時、東郷記念病院の経営を立て直すために病院を高齢者向け療養施設にする改革案が会議で可決される。
小児外科と産婦人科の年内廃止も決定されてしまった。

 

湊が担当する森下伊代(松風理咲)が倒れた。湊は夏美とともに伊代の姉、汐里(松井愛莉)に病状を説明。
伊代には小腸の移植が必要と聞いた汐里は、ドナーになると言う。
また汐里は湊たちに、伊代には自分から説明したいと頼んだ。

 

高山は脳神経外科の盛岡豊(東根作寿英)から、患者の滝川亮平(萩原利久)についての相談を持ちかけられる。
亮平はバスケの練習中に頭を強打したことから水頭症を発症。

通常なら脳内に溜まった脳脊髄液を腹腔に流す手術を行うのだが、亮平は腹膜炎の既往で腹腔にひどい癒着があるためこの方法が取れない。
また、盛岡は亮平が頭を打った時に腰髄も損傷したため、水頭症が改善されても歩行が困難になることも話す。
それは両親の希望で亮平には伝えていないと言う。

高山は自分たちに出来ることをするだけだと、小児外科チームにまずは水頭症の治療法を見つけることを指示する。

 

亮平は伊代の隣の病室に移されて来る。
大喜びの伊代だが、自分の症状やドナーの件は、まだ汐里から知らされていなかった。
一方、夏美は担当となった亮平の病状を猪口隆之介(板尾創路)から聞かれる。

(引用:『グッド・ドクター』公式サイト)

 

『グッドドクター』9話 感想

東郷記念病院は小児外科、産婦人科の年内廃止が決定されてしまった。
自分の決断に複雑な思いの美智(中村ゆり)。

 

湊の担当患者、森下伊代(松風理咲)が倒れた。
伊代の病状から小腸の移植が必要だが、姉の汐里(松井愛莉)は自らドナーになると言い出した。

ドナーになることは合併症の危険も伴う。
伊代には汐里から説明するまで内緒にしておくことになった。

 

伊代の片思いの相手、滝川亮平(萩原利久)はバスケの練習中に頭を強打したことで水頭症を発症。

 

通常なら脳内に溜まった脳脊髄液を腹腔に流す手術を行うのだが、
亮平は腹膜炎の既往で腹腔にひどい癒着があるためこの方法が取れない。
また、亮平は頭を打った時に腰髄も損傷したため、水頭症が改善されても歩行が困難になる。

 

母親はこのことを亮平に伝えられないでいた。

 

病院内で亮平を見かけた猪口隆之介(板尾創路)は驚いた表情で彼を見つめていた。
その後小児科に訪れ、夏美に亮平の症状を聞く。

 

滝川亮平は猪口の息子だった。
離婚した妻の元で暮らす息子はこの病院に父親がいることを知らない。

 

伊代はまた手術が必要になることを知ってしまった。
「どれだけ私のお腹切れば気が済むの!」

 

五度目の手術。何度傷を付けられても完治するわけでもない。
そんな手術に嫌気が差したと語気を荒げる。

 

亮平の母親は転院を願い出た。
知り合いからボストンの脳外科医を紹介されたこと、
それとこの病院の小児外科は無くなってしまうと聞いたというのだ。

 

初めて聞く話に驚く夏美。高山は複雑な表情を浮かべていた。

 

医局に戻って説明を求める夏美に、事情を話す高山。
自分たちに出来るのはここにいる間に少しでも多くの子どもたちを救うことだと言うのだった。

 

湊は伊代の病室を訪れていた。
これまでの伊代は治療にとても前向きで一生懸命取り組んできた。
どうして手術したくないのか本当のことを教えてほしいと頭を下げた。

 

伊代は手術で出来たお腹の傷がコンプレックスだった。
次の手術のドナーが姉の汐里であることを知った伊代は同じ思いを姉にさせたくないというのだった。

 

伊代と汐里の両親が事故で早くに亡くなり、汐里はそれ以来夢を諦め
仕事を掛け持ちしながら伊代の面倒を見てきた。
これ以上汐里の重荷になりたくない、そんな思いからの決断だったのだ。

 

「お姉ちゃんを不幸にしてまで生きたくないよ・・」

 

亮平の転院当日。ナースステーションで挨拶をし病院をあとにしようとした亮平だったが
突然苦しみだし、倒れてしまう。
水頭症が悪化し、緊急手術が必要になった。

 

難しい手術ではあったがなんとか水頭症の手術は成功した。
しかし、両脚は動かないままだ。高山は亮平にそのことを早く説明してあげてほしいと
母親に伝える。

 

意識がもどった亮平は足が動かないことに気付き、何度も足を叩く。
「亮平、ごめん・・足はもう・・」そう言って泣きながら亮平の手を掴む母親。
そんな様子を陰から見ていることしかできない猪口だった。

 

伊代は亮平の病状のことを知らずに浮かれていた自分を恥じていた。
ますます落ち込む伊代に見せたいものがあると外へ連れ出した湊。

 

そこには車いすのままバスケの練習をする亮平の姿があった。

「亮平くんはあきらめていません。」

 

実は亮平は自分の足が動かなくなることを知っていた。
入院してすぐ医師と母親が話しているところを偶然聞いてしまったのだ。

 

自暴自棄になりかけていた亮平だったが、バスケがやりたいという気持ちを
抑えられないそんな思いを湊に話していた。
いつか車いすバスケで試合に出られる日がくればその時は伊代にその姿を見てほしいとも語っていた。

 

「すごい・・亮平くん」
そうつぶやく伊代に湊は、それは伊代も一緒だと話す。

 

8歳で初めて手術を受けた伊代はとても泣き虫だった。
何度も治療を乗り越えるたび強く成長する伊代。
いまでは小児科の子どもたちのお手本のような存在になった。

 

それをそばで見てきた汐里はその姿にずっと励まされてきたのだ。
伊代のドナーになることで一緒に病気と闘えることが嬉しいと語る汐里。

 

「早く元気になって亮平君のバスケ見に行くんでしょ」
治療への決意を新たにする二人であった。

 

猪口が高山の前に現れる。
採算性の悪い科を抱えることは病院の経営を圧迫するは事実と前置きしながらも
息子の命を助けてくれてありがとうございました・・と深々と頭を下げる。

 

「それが小児外科医の仕事ですから」
高山の言葉に複雑な表情を浮かべる猪口だった。

 

 

第9話、ついに小児外科の廃止が決定してしまいました。
美智の後悔はもちろんですが、実の息子を小児外科メンバーに救われた猪口に
気持ちの変化は起こるのでしょうか。

 

伊代と汐里のふたりはお互いを思うあまりのすれ違いでした。
湊の支えもあり、手術を決意する伊代でしたが、
9話の最後に吐血!

 

司賀院長も吐血!

 

吐血、吐血でてんやわんやの9話後半でしたが、次はついについに最終話!

 

東郷記念病院は?美智と高山の関係は?湊と夏美は?伊代の手術は?
次話ですべて収まりきるのでしょうか。

お楽しみに!

-あらすじ・感想

Copyright© まったり動画ライフ , 2019 All Rights Reserved.