あらすじ・感想

『グッドドクター』6話のネタバレ あらすじ・感想【湊が胸を叩く理由とは?クズな父親登場で湊の心境は?】

投稿日:

前回までのグッドドクター・・

 

高山からも徐々に認められ、仕事を任せられるようになった湊。
しかし、子どものころ以来ずっと会っていなかった父親が突然現れる。

 

相変わらず病院の経営に苦しんでいた理事長の美智は
副院長の申し出に心が揺らいでいた・・

 

『グッド・ドクター』前回までのネタバレや感想はこちらの記事で

『グッド・ドクター』を動画で無料視聴したい場合はこちらで紹介しています。

『グッド・ドクター』の見逃しフル動画を無料視聴する方法

スポンサーリンク

『グッドドクター』6話 あらすじ

新堂湊(山﨑賢人)の転科は、瀬戸夏美(上野樹里)の高山誠司(藤木直人)への助言も得て無くなった。
高山から当直医も任されることになった湊は、さらに生き生きと働き出す。

 

だが、夏美は湊が心配。湊の父、航(遠山俊也)から連絡先が書かれたメモを渡して欲しいと頼まれていたからだ。
湊が航から虐待を受けていたことを知る夏美は、司賀明(柄本明)に相談。
すると司賀は、この件は自分に預けて欲しいとメモを預かった。

 

高山は医局に湊たちを集める。そこには産婦人科医の鶴田皐月(堀内敬子)が来ていた。
皐月の要件は出産間近の患者、水野理香(篠原ゆき子)のこと。
理香の胎児にリンパ管腫が見つかり、このままでは正常な分娩が出来ない。

 

そのため、帝王切開の分娩時に臍帯を切り離さず血行を確保したまま胎児に処置を行うEXITという手術を、小児外科医に依頼する。
だが、理香は周産期心筋症を患っているため胎児の処置は30分以内で終わらなければならない。

 

リスクを伴う手術に間宮啓介(戸次重幸)は反対する。だが、高山は患者が望むならと請け負い、助手に夏美と湊を指名した。
湊と夏美は病室へ行き、子どもだけでも助けて欲しいという理香の強い思いを知る。湊はEXITに関する大量の文献を読み漁った。

 

だが、その帰り道、湊は航に声をかけられる。怯える湊を、会いたかったと抱きしめる航。湊は航と食事に行くことを約束する。
これを知った夏美は司賀に報告して…。

(引用:『グッド・ドクター』公式サイト)

 

『グッドドクター』6話 感想

突然現れた湊の父、航(遠山俊也)から連絡先を預かった夏美は幼いころ父親から虐待を受けていたという
湊の言葉を思い出し、父親のことを湊に伝えられずにいた。

 

院長の司賀明(柄本明)にそのことを相談に院長室を訪れる。
話を聞いた院長はこのことは湊に黙っておいてくれと航の連絡先を預かった。

 

医局には産婦人科医の鶴田皐月(堀内敬子)が来ていた。
出産間近の患者水野理香(篠原ゆき子)の胎児にはリンパ管腫が見つかり、
本人も周産期心筋症を患っているため、大変難しくリスクのある手術が必要だった。

 

高山は手術の助手に夏美と湊を指名した。
湊の高い空間認識能力をかってのことだった。

 

病室では理香が赤ちゃんのために毛糸の帽子を編んでいた。
理香は最初の子を流産し、辛く長い不妊治療を経て今回の妊娠だった。
前回の流産のこともあり後ろ向きな気持ちになっている理香を励ます湊と夏美。

 

「私はどうなってもいいので、この子だけは必ず助けてください」
切実な思いを二人に伝える理香だった。

 

勤務が終わり、高山に渡された手術に関する文献を読みながら帰ろうとする湊。
そこには航の姿があった。

 

会いたかったと抱きしめてくる航に戸惑いを隠せないが
二人で食事に行く約束をするのだった。

 

翌日そのことを知った夏美は院長に航のことを報告した。

 

理香の病室の前には部屋をこっそりのぞく男性の姿があった。
不審に思った夏美は声をかける。
理香の夫、悟だった。

 

彼は今回の手術に反対で理香と喧嘩中。理香の思いとは裏腹に
母体を危険にさらしてまで手術はしてほしくないというのだった。

 

理事長の美智は、高山が夏美に自身の弟の話をしているのを聞いてしまったと告白する。
恋人に言えないことでも夏美には話せるのかと問い詰める。

 

「そういう君はどうだ。副院長が新堂を利用して、やろうとしていたことを知っていたんだろう」

 

銀行からの融資を断られ続けた美智は副院長に言われるまま、
新日本医療グループの傘下に入り、病院を高齢者向け療養型病院へ転換させようとしていた。

 

美智は父親から受け継いだ病院をどんな形でも残したいのだった。

 

 

湊はレストランで閉店まで航を待っていたが、結局彼は現れなかった。

 

その帰り道、航がひとり歩いているのを見つける。
追いかけて行った湊は
お父さん!そう声をかけ、どうしてレストランに来なかったのか尋ねる。

 

「儲けさせてもらったよ」
札束の入った封筒を触りながら、語り始める航。
院長に呼び出された航は湊にはもう会わないという約束で大金を受け取っていたのだ。

 

借金のあった航は金目的で湊に近づいたのだ。
自分を好きになってくれたから会いに来たのだと思っていた湊。
さらに、お前のせいでそうたは死んだんだ!と責められ激しいショックを受ける。

 

湊は本当のことを聞くため院長室へ向かった。
当時院長は湊が傷つかぬよう、そうたは即死だったと告げたが実際は違った。

 

病院に運ばれたとき、二人とも息はあったがより助かる可能性の高い湊を優先したのだ。

 

「僕の方が天国へ行くべきでした!」
そう叫んで湊は部屋を飛び出した。

 

走り去る湊を見ていた夏美は院長の元へ。
院長は幼いころの湊の生い立ちを語り始める。

 

母親を早くに亡くした湊は父親に否定されて育った。
それを支えていたのが兄のそうただった。

 

兄を失った湊をもう父親の元に置いておけないと思った院長は
湊を施設へ預けることを決める。

 

たった一人施設で暮らすことになった湊。
兄を忘れられずに、いつになったら兄は戻ってくるのかと問う湊に
そうたは天国に行ってしまったが、胸をノックすると湊の声が天国の兄に届くはずだと教える。

 

「大切な人を失う悲しみを知っている湊だからこそ、必ずいい医者になれるはず」
そう信じていると夏美に語る院長だった。

 

翌日、理香の容体が急変した。狭心症の発作を起こしたのだ。
理香は意識がなく、こんな危険な状態ではますますEXIT手術には同意できないと
夫は言うのだった。

 

その日、湊は無断欠勤。すべてを察していた夏美だったが理香の手術の相談をしたいと
留守番電話にメッセージを残した。

 

メッセージを聞いて夏美の前に現れた湊だが、相談には乗れないと言う。
湊はあの事故の真実を知って悔いていた。
いつも自分を助けてくれた兄を、兄が一番助けて欲しかったときに自分が邪魔をしたのだと。

 

「もう胸を叩いてもお兄ちゃんの声が聞こえません、もうどうしたらいいかわかりません」
夏美はその言葉を聞いて、院長の思いを伝える。

 

「あの日生かされたあなただからこそ、出来ることがあるんじゃないの?」
そう言うと手術の資料を渡してその場を後にした。

 

理香の病室。

「妻のいない人生なんて考えられないんです。」

 

悟は理香の最初の妊娠での流産、壮絶な不妊治療、そして今回の妊娠までを走馬灯のように
思い返していた。

 

「私だって出来れば子供を助けたいですよ・・でもどうすればいいか、わかりません」

 

苦悩する悟に湊が自身の兄のことを語り始めた。
自分に起きたこと、悟にも理香にもそんな思いさせたくない。
理香も赤ちゃんも二人とも助けたいのだと・・。

 

翌日、医局にはいつものように湊の姿があった。
悟の承諾を得て理香の手術が行われることになった。
湊が新たな手術方法を提案し、出血を半分に抑えられるというのだ。
反対する声も多い中、15分以内にすべてを行えば可能かもしれないと手術に踏み切る高山と鶴田。

 

手術を終えた理香は病室で目を覚ました。
目の前には悟。隣に目をやるとそこには待ち望んでいた赤ん坊の姿があった。

 

理香は手編みの帽子を赤ちゃんに被せてほしいと促す。
そこには悟の名付けた「まなみ(二人の愛の実り)」の文字があった。

 

「しっかり頼むわよ、名付け親はあなたなんだから」
産んでくれてありがとう、そう言ってしっかりと理香を抱きしめる悟だった。

 

院長が一緒に食べようと屋上へおにぎりを持ってやってきた。
おにぎりを食べながら、語り始める湊。
まなみを見て気づいた、自分は医者になるために生かされたのだと。

 

「僕を助けてくれてありがとうございました」
おにぎりをほうばる湊を微笑ましく見つめる院長であった。

 

今回のグッドドクターは母と子の命について。
こういう物語を見ると妊娠して、出産出来ること自体奇跡なんだと思い知らされますね。

 

母子共に危険でどちらを優先するかという、ドラマではわりとよく見るシーンではありますが
実際にそうなったときどうするでしょう。

 

今回もあったように母親が赤ん坊を優先してくれという心情はもちろん分かりますが、
そうでない選択をしても間違いではないということを描くドラマって少ない気がします。
ドラマチックになりにくいんですかね。

 

自分自身のことというよりは
残される家族の悲しみや、その後を考えてそういう決断をする方もいると思うんですよね。

 

そしてついに湊の父親が現れましたね。
ひどい言葉を浴びせられ、ショックを受ける湊を見ていられませんでした・・
ここでも子供は自分を責めてしまうんですね。

 

暴力で自分を制圧し、金目的で近づいてくるような相手に言われた言葉でも
正面から受け止めてしまう。

 

手術も成功し、結果的には自信を取り戻す湊ですが、
それも夏美や院長のように湊を信頼し支えてくれる人の存在があってこそ。

 

そんな院長は自身の胃がんの診断書を持っていました。
湊の指針となるような存在である彼の病気は今後の物語にどう絡んでくるのでしょう。

 

一方、美智はまんまと副院長の策略に乗り本格的に新日本医療グループの傘下に入ろうとしていました。
そして恋人でもある高山先生に別れを切り出すメールを・・

 

東郷記念病院はどうなってしまうのか。
美智と高山はこのまま本当に別れてしまうのか。

 

ついに物語も折り返し、次回第7話もお楽しみに!

 

-あらすじ・感想

Copyright© まったり動画ライフ , 2019 All Rights Reserved.