あらすじ・感想

『グッドドクター』4話のネタバレ あらすじ・感想【あかりちゃんの言葉に涙が止まらない】

投稿日:

 

前回までのグッドドクター・・

 

自閉症を抱えながらも新米医師として日々奮闘する湊。
それを傍で支え、徐々に心を通わせていく夏美。

 

ふたりの思いをよそに副院長は現院長の失脚と病院の
乗っ取りをもくろんでいた・・

 

『グッド・ドクター』前回までのネタバレや感想はこちらの記事で

『グッド・ドクター』を動画で無料視聴したい場合はこちらで紹介しています。

『グッド・ドクター』の見逃しフル動画を無料視聴する方法

スポンサーリンク

『グッドドクター』4話 あらすじ

新堂湊(山﨑賢人)は瀬戸夏美(上野樹里)と綾瀬奈緒(川島夕空)の病室に行く。
術後の不快感を訴える奈緒だが、稚拙なために夏美は要領を得ない。
すると傍らで聞いていた湊が症状を言い当てた。奈緒や心配していた同室の子どもたち、夏美も湊に感心。

 

湊と夏美が病室を出るとナースステーション付近で騒ぎが起きていた。
緊急搬送された少女が暴れていたが、湊が近づくと静かになる。
少女はオペが必要なのだが、一切話をしないので身元がわからない。

 

しかし、湊は自分が担当医になると高山誠司(藤木直人)に願い出る。
高山や夏美、医局のメンバー全員が反対するのだが、間宮啓介(戸次重幸)が来て湊を少女の担当医にしてしまう。
間宮は湊に問題を起こさせようとする猪口隆之介(板尾創路)の指示で動いていた。

 

湊は張り切って少女を診るが、心はなかなかほぐれない。そんな時、少女の母親、大石薫(瑛蓮)が名乗り出て病院に来た。
少女の名はあかり(高松咲希)。湊は薫にあかりの病状を説明、夏美は言葉を発さない理由を尋ねる。
薫は自分があかりの継母だからかもしれないと話した。

 

薫が帰ると湊は一緒に絵を描こうとあかりに話す。薫が持って来たあかりのバッグにお絵描きノートが入っていたからだ。
しかし、湊がバッグに触ろうとすると、あかりが奪い取る。夜、湊があかりの病室に行くとお絵描きノートが落ちていた。
拾い上げた湊に、あかりが「誰にも言わないで」と話しかけて…

(引用:『グッド・ドクター』公式サイト)

 

『グッドドクター』4話 感想

公園で倒れた少女が東郷記念病院に運ばれた。

少女は何も話さず、名前も言わない。
治療をしようとするが全力で抵抗し病院中を逃げ回っていた。

 

湊はそんな少女の担当医になると名乗り出た。
高山は反対するが間宮が許可してしまう。
それは副院長の指示で湊に問題を起こさせようという思惑があったからだ。

 

偶然にも間宮と副院長の会話を聞いてしまった高山。
この件がうまくいけば理事長も喜ぶだろうという言葉を聞いて耳を疑う。

理事長の美智は高山の恋人でもあった。

 

少女の母親、大石薫(瑛蓮)が病院にやってくる。
少女の名前は大石あかり(高松咲希)、母親に言葉を話さない事情を聞くと
自分が継母であることが関係しているかもしれないという。

 

あかりは3歳の時に実の母親と死別し、薫は父親の再婚相手だった。
どう接したら心を開いてくれるのか・・と湊たちに話す薫。

 

高山は自分のデスクで昼間の間宮と副院長の会話を思い返していた。
湊に問題を起こさせて、小児科をつぶそうとする計画。
美智に対して不信感を抱いてしまった高山は緊急オペが入ったと嘘をつき
ディナーの約束をドタキャンする。

 

夜、病室で二人になった湊とあかり。
お絵かき帳を見つけ一緒に絵を描こうと提案するも拒否されてしまう。

 

お絵かき帳を抱きしめたまま眠ってしまったあかり。
眠っているあかりの横で仕事をしていた湊だが、落ちてしまったお絵かき帳を拾い上げようと
したときに偶然中を見てしまう。

 

「誰にも言わないで!」
目を覚ましたあかりは不安そうな顔で湊に懇願する。

 

翌日、あかりの転院を相談しに薫がナースステーションを訪れていた。

 

転院の話を聞いた湊はあかりを抱きかかえ、走り出す。
「あかりちゃんは渡しません!」

 

追ってきた薫ともみ合いになり騒動になる。
みんなが駆け付けたとき倒れこんでいた薫は湊に暴力を振るわれたという。

 

このことは問題となり、湊は懲罰委員会が開かれるまで謹慎処分となる。
意味もなく暴力をふるうはずがないと夏美は湊に詰め寄るが話したくないとそのまま病院を後にした。

 

担当医を交代した夏美はあかりの父親に湊の件について謝罪する。
話は手術が必要な病状のことになり、かなり前から痛みはひどかったはずだと夏美が話すと
なんで言ってくれなかったんだろう、以前はよくしゃべる子だったのにと肩を落とした。

 

あかりは病室を逃げ出した。
いなくなったあかりを手分けして探すスタッフたち。
夏美は謹慎中の湊に連絡し、あかりの居場所を知らないかと問う。

 

居ても立っても居られなくなった湊は自分も探すと部屋を出て走り出していた。

 

病院で夏美は入院患者の子どもに呼び止められた。
湊と薫の騒動を目撃していたその子は湊が暴力をふるっていないことを夏美に告げたのだった。
同じ頃、高山はあかりの病室で例のお絵かき帳を発見していた。

 

湊は公園であかりを見つけた。
話をしている最中苦しみ出したあかり。
緊急手術が必要な事態になりすぐに病院に運ばれる。

 

これまで担当医としてあかりを診てきた湊が一番症状を把握しているはずだと
オペ室に入れるよう高山に頭を下げる夏美。

「・・早く着替えろ」

そう言って湊の入室を許可する高山であった。

 

オペ室の外ではあかりの父親が高山に渡されたお絵かき帳をめくっていた。
そこには薫が来てからのあかりの日記が書かれていたのだ。

 

書き始めたころは薫が来てくれて嬉しかったこと、もっと仲良くなりたいと綴られていた日記だが
だんだんとその関係性が崩れていく様子が書かれている。
あかりは薫にネグレクトを受けていたのだ。

 

お腹が痛いことも訴えていたが相手にされず
母親が亡くなってから苦労していた父親に心配をかけたくないとの思いから
黙ること我慢することを選んでいた。

 

「お母さんは言いました。あかりは邪魔です。だからパパは帰ってきません。」
すべてを知った父親は薫を怒鳴りつけ、二度とあかりに近づくなと告げる。

 

湊のサポートもあり、無事に手術は成功した。
手術を終えたあかりに父親は今までひとりで苦しませてしまったことを詫びる。

 

湊に促され、泣きながら本当の気持ちを伝えるあかり。

「本当はパパと二人がいい・・」

 

今回のテーマはネグレクト(育児放棄)でした。
この子はとてもツライ思いをしましたが、最終的には父親と分かりあえて本当に良かったです。

 

お話の中では義理の親から虐待を受けるという設定でしたが
現実には実子に対してでも両親ともに虐待をしていた・・なんてニュースたまに見かけますよね。

 

そういう話題を見るたびにいまこの瞬間にも
どこかでツライ思いをしこている子供がいるんじゃないかと想像し
胸が苦しくなります。

 

湊も子供のころ、父親から暴力を受けていたようでした。
僕はお父さんが好きだったけど、お父さんは僕のことを嫌いだったと夏美に打ち明けます。
我慢していればいつか好きになってくれると思っていたと。

 

憎むことが出来たらある意味で楽なのかもしれません。
あかりちゃんもそうでしたが、ネグレクトする継母のことも気づいてくれない父親のことも
嫌いになるという描写がありませんでした。

 

その代わりに自分を責め、追い詰める。
親を嫌いになる代わりに自分を嫌いになる。

 

大人という圧倒的な力の前で幼い子どもがいかに非力なのか
守らなくてはならない存在なのか考えさせられました。

 

院長の失脚を狙っていた副院長は今回もまた失敗に終わりましたが
まだ何か策を練っている様子。
一方、高山は湊を小児科から画像診断科に転科させると言い出す・・

 

次回の第五話、いったいどうなっていくのでしょう!

 

-あらすじ・感想

Copyright© まったり動画ライフ , 2019 All Rights Reserved.