あらすじ・感想

『グッドドクター』2話のネタバレ あらすじ・感想【山﨑賢人のおにぎりフーフーが可愛すぎる】

投稿日:

グッド・ドクター2

自閉症を抱えつつ、サヴァン症候群による驚異的な記憶力を持つ
新堂湊が一人前の小児外科医を目指すドラマ、グッドドクター。

「すべての子供を大人にしたい」
そのまっすぐな気持ちで患者に向き合う彼ですが、
そう思うのには湊の兄の死が関係していました。

勤務する東郷記念病院では彼を快く思わない医師たちがほとんどですが
中でも小児外科のエース高山誠司は人一倍湊に厳しく当たるのでした。

しかし、そんな彼にも複雑な過去がありそうな予感・・

 

『グッド・ドクター』1話のネタバレや感想はこちらの記事で

『グッド・ドクター』1話ネタバレ あらすじ・感想

 

『グッド・ドクター』を動画で無料視聴したい場合はこちらで紹介しています。

『グッド・ドクター』の見逃しフル動画を無料視聴する方法

 

スポンサーリンク

『グッドドクター』2話 あらすじ

新堂湊(山崎賢人)は問題を起こしながらも東郷記念病院小児外科でレジデントとして働くことになった。

そんな時、女子高校生の菅原唯菜(山田杏奈)が学校で破水して救急搬送されてきた。
カンファレンスで瀬戸夏美(上野樹里)は唯菜の緊急出産を報告。

赤ん坊は低出生体重児で 腸のほとんどが壊死状態で壊死性腸炎が認められると続けた。
しかも、唯菜はこれまで検診を受けたことがない未受診妊婦だった。

その頃、病院の廊下で雑用をしていた湊は歩いて行く唯菜を見つける。
唯菜はNICU(新生児集中治療室)で保育器に入れられたわが子にしきりに謝罪していた。

すると、湊がこのままだと赤ちゃんは死んでしまうが助かる方法はあると言ってしまった。
唯菜の病室に検診に行った夏美は、高山誠司(藤木直人)の手術なら助かると湊が言ったと聞いて驚く。

夏美からの報告を受けた高山は湊をきつく叱る。
高い術中死がともなう手術はせずに温存治療で赤ちゃんの回復を待つという医局の方針に反していたからだ。
湊は夏美からも唯菜の病室やNICUには行くなと言われてしまう。

こどもを助けたい一心の唯菜は夏美に手術をして欲しいと食い下がる。
だが、未成年の唯菜では保護者の手術の同意書が必要だと夏美が諭す。
すると唯菜の母、真紀(黒沢あすか)がやって来た。

唯菜の妊娠、出産を責める真紀は手術同意書へのサインを拒否する。
夏美に叱られながらもNICUへ通う湊は、赤ちゃんの診断画像からあることに気づいた。

(引用:『グッド・ドクター』公式サイト)

 

『グッドドクター』2話 感想

今回は女子高生の低出生体重児出産が描かれていました。

 

少し前までは小さめの赤ちゃんはすべて未熟児なんて呼ばれ方をしていましたが、
今は「低出生体重児」と呼ぶんですね。

 

出産した赤ちゃんのことが気がかりな唯菜は湊に赤ちゃんの容体を尋ねます。
湊はこのままでは死んでしまうが、高山が手術をすれば助かると勝手に言ってしまい、
根拠のない言葉で唯菜を期待させたことを高山にきつく叱られます。

 

そのうえ、唯菜は未成年。仮に手術が可能でも親の同意書が無ければ
いずれにしても病院側は手術ができません。

 

ただ目の前の子どもを助けたい一心の湊は手術をしない方針という病院のルールに
納得がいかない様子。

 

一方、病院に駆け付けた唯菜の母親真紀(黒沢あすか)は着くなり唯菜を怒鳴りつけます。
どうやら唯菜は家出中で母親は妊娠のことどころか彼女の居場所も知らなかったようです。
そんな真紀は赤ん坊の手術に反対し、同意書のサインを断ります。

 

唯菜は赤ん坊の母親で、真紀は唯菜の母親。
どちらも自分の子どもを守りたいって気持ちが強いだけなんでしょうね。

 

真紀は離婚し、更に足を悪くしています。そんな体で一人で子育てをする苦労を知っているだけに
娘が同じ思いをすることも、現状でサポートしてあげられない自分のことも
よく分かっているのだろうと思います。

突き放した言い方をしながらも着替えを持ってきてあげるシーンを見てそんなことを感じました。

 

湊は赤ちゃんを元気づけたくて、入院患者のためのおもちゃを子どもたちから
無理やり奪ってしまい、また問題になります。
保護者からのクレームを受けて、臨時審問会が開かれ湊の処遇について話し合うことになりました。

 

赤ちゃんの診断画像を見直していた湊はまたしても、ほかの医師が気付かなかった変化を見つけます。
壊死していたはずの腸が動いていて手術すれば助かる可能性を見出したのです。

 

審問会に参加していた高山に手術をしてほしいと懇願しに行きます。

「高山先生なら助けられます!赤ちゃんは生きたがっています!」

 

ほかの医師たちの反対を押し切り、真紀を説得して緊急手術が始まります。
ようやく開始された手術ですが、赤ちゃんの容体は悪化しこれ以上続けることが困難になってきました。
すると湊は持ち前の記憶力で同じ症例の対処法を話し始めます。

 

湊の助言を受けて手術は無事終了。

 

無事に助かった赤ちゃんでしたが、唯菜は赤ん坊を前に泣き崩れてしまいます。
それは真紀の同意書のサインと引き換えに赤ん坊を里子に出すことを約束させられていたからでした。

 

うーん、せつない。せっかく助かった命なのにその子の成長を間近で見られないんですね。
両方の気持ちが分かるだけにどちらが正しいとは言い切れません。

 

やりきれない思いの夏美は事情を湊に話すと、湊はこう言います。
「どれだけ遠くに離れていても、赤ちゃんを産んだのは唯菜さんです。
 赤ちゃんにとっての お母さんは唯菜さんです。」

 

湊はいつもシンプルですね。
そのシンプルな言葉に夏美はいつもハッとさせられます。

 

唯菜の退院の日、夏美は養育里親制度の資料を唯菜に渡します。
「お母さんになれる準備が出来たら迎えにいってあげたらいいと思う」
そしてどんなに離れていても赤ちゃんのお母さんは唯菜であるという湊の言葉を伝えます。

 

人間が生まれる瞬間すべてに様々なドラマがありますね。
これはお話の世界だけではありません。
現実も同じことだと思います。

 

一方で副院長(板尾創路)はこのチャンスに畳みかけるように
ガイダンスを破り手術を強行した責任の所在をハッキリさせ、
院長の座を奪おうと司賀明(柄本明)に詰め寄ります。

 

そこへすべての責任は自分にあると言い、突然現れた高山。
高山も湊に対してだんだんと気持ちが動いてきているのでしょうか?

 

二人の関係性が今後どのように変化していくのかますます気になります!

 

 

-あらすじ・感想

Copyright© まったり動画ライフ , 2019 All Rights Reserved.