動画配信サービス

dTVはおすすめなのか?料金や動画ダウンロードについて解説

投稿日:2018年3月23日 更新日:

現在では多くの企業が参入してきている動画配信サービス、
HuluやU-NEXTといった名前、聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

 

サービス内容はそれぞれ違っていますが、
簡単に言うと、毎月決まった料金を支払うことで、動画が見放題になるというものです。

 

これからどんどん加入者も増えることが予想されますが、
その中でも国内のシェア率トップなのが、ドコモが運営している『dTV』です。

 

  • dTVって何?
  • dTVと他のVOD(ビデオオンデマンド)は何が違う?
  • dTVに加入しようか迷っている

 

といった方のために、dTVの特徴やメリット、デメリット
などを解説していきます。

 

dTVとFODプレミアムどちらを選ぼうか迷っている方は、
こちらの記事で比較していますので、ご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

dTVとは?

dTVとはNTTドコモが提供する、月額500円(税抜)で動画が見放題になるサービスです。

 

もとは「dビデオ」というドコモユーザー限定のサービスでしたが、
2015年から誰でも申し込みできるようになりました。

 

映画やアニメはもちろん、コンサート映像など12万本もの動画が、
わずかワンコイン(500円)で楽しめるのが特徴です。

  dTV
ホームページ https://pc.video.dmkt-sp.jp/
運営会社 株式会社NTTドコモ
配信本数 約12万本
カテゴリー
  • 洋画
  • 邦画
  • アニメ
  • 海外ドラマ
  • 国内ドラマ
  • 韓流
  • ガールスch
  • キッズ
  • 教養
  • バラエティ
  • シアター
  • dTVオリジナル
  • 音楽
  • ショートショート
  • レンタル
  • FOXチャンネル
会員数 469万人(推定)
対応デバイス
  • PC(Windows、Mac)
  • スマートフォン、タブレット
    (iOS、Android)
  • テレビ
  • STB
画質 SD/HD/フルHD/4K
VR 対応
サービス価格 月額500円(税抜)
無料トライアル 31日間
決済方法
  • クレジットカード
  • ドコモキャリア決済
サポート 年中無休

参考:動画配信ビジネス調査報告書2017/インプレス総合研究所

 

500円(税抜)という手頃な価格で楽しめるのが魅力のサービスです。
今なら31日間無料で体験できますので、是非試してみて下さい。

dTVのメリット

ここからはdTVの強み、得意とするところを紹介します。

低価格で楽しめる

dTVは他の動画配信サービスに比べて、月額料金が500円(税抜)と安いのが特徴です。

Amazonプライムビデオは別格ですが、それに次ぐ2番目の安さです。

 

動画数やラインナップ、dTVオリジナル動画など総合的にみると、
非常に優れたコストパフォーマンだと言えます。

 

このコンテンツ量でワンコインの月額料金というのは
他の動画配信サービスには無いメリットと言えます。

 

動画のダウンロード機能がある

dTVにあって他社にはない大きな特徴は動画のダウンロード機能です。

 

動画をスマートフォン、タブレットなどにダウンロードして、
オフラインで視聴することができます。

 

dTVには子供向けのアニメやバラエティ番組が多いので、
外出時の移動中など退屈しがちなお子さんにもピッタリです。

 

オフラインでの視聴なので、通信状態が悪くても途切れることなく、
いちいちデータ使用量を気にすること無く使うことができます。

 

他にもダウンロード機能があるVODは、あるのはあるのですが、
ラインナップを見るとほとんどに制限がかけられていて、
「見たい」と思ったものがダウンロードできないこともよくあります。

しかしdTVの場合、ほぼすべての動画をダウンロードして視聴することが可能です。

 

dTV限定やオリジナルのコンテンツがある

dtvのオリジナルコンテンツは、なかなか面白いものが揃っています。

オリジナルって聞くと、制作費もかかってないし、お寒い感じなんでしょ?
と思ってしまうかもしれませんが、意外と評判がいいです。

 

他にもdTVでしか見られない動画もあります。

闇金ウシジマくんやゴッドタンなどの人気ドラマ・バラエティ番組のスピンオフ、
オリジナル映画の配信もしています。

 

U-NEXTなどは放送局や制作会社などの後ろ盾が無いので、
独自配信のコンテンツというものがありません。

 

ということは、U-NEXTじゃなきゃダメとはなりにくく、
選ぶ方も他社の安いVODでいいやとなってきます。
(U-NEXTにはアダルト作品があるので、そこで差別化はできます)

 

どこの動画配信サービスと契約するか考えるときには、
そこでしか見れない独自コンテンツがあるかどうかが重要になってきます。

 

個人的には、他社でオリジナルコンテンツが充実していると言えば、
フジテレビが運営するFODプレミアムが一番じゃないかと思います。

 

dTVのデメリット

ワンコインでこれだけ楽しめるならdtv一択じゃない?と思ってしまいますが、
当然dtvにもデメリットがあります。

すべての動画が見放題ではない

dTVは12万本というコンテンツ数ですが、すべて見放題というわけではありません。

 

最新の映画や一部のドラマは、有料でしか見られないものがあります。
映画は1作400円、ドラマは1話260円です。(画質によって違います)

 

これは他の動画配信サービスも同様ですが、「見たい」と思ったものが
有料だったらガッカリしてしまいます。

 

月額料金だけでコンテンツすべて見放題なのはHuluだけです。
その分Huluは新作映画の配信はかなり遅くなります。

 

動画数12万の内容

dTVが持つ12万本以上というコンテンツの数、
その数だけ聞くと「なんでも揃ってるんじゃないか?」と感じます。

 

実際、たくさんの動画を楽しむことができるんですが、
ちょっとコレは・・・というものもけっこうあります。

 

例えば「ショートショート」というカテゴリーの10分以下の短編動画。

時間は短くても物語としてちゃんと作られているのはいいんですが、
残念なことに評価が☆2以下のものがほとんどです。

 

音楽カテゴリーもヒドイものがあり

  • カラオケ映像
  • ミュージックビデオ
  • 5分刻みのライブ映像

 

演奏のみのカラオケ映像やミュージックビデオなんて
You Tubeにいけばタダでいくらでも見ることができます。

もちろん違法アップロードじゃなく、公式チャンネルですよ。

 

アーティストのライブ映像も配信されていて、非常に嬉しいですが、
1つのライブが5分刻みに動画が分かれていて探すのも苦労するし、
見るのもストレスがたまります。

 

はっきり言って動画数の水増しでしかありません。
他社よりも多く配信しているというのは宣伝になるし、メリットですが、
こういうやり方は、ちょっとどうかと思います。

 

ただ、すべてのカテゴリーがこうなっているわけではなく、
映画が5分刻みなんてことはありません。

 

まとめ

dTVがおすすめな方とは

  • 安い料金でたくさんの動画を楽しみたい
  • オフラインで動画を楽しみたい

 

他社の動画配信サービスと比べても、
動画コンテンツの数や月額料金の安さはダントツです。

 

dTVでしか見れない独自コンテンツにも力を入れていて、
動画をダウンロードできるなど便利機能も備えています。

 

予算的にワンコインで済ませたいといった場合や、
初めてVODを契約する方にはおすすめできるサービスです。

 

今なら31日間無料お試しもできますので、まずは体験してみて下さい。

 

-動画配信サービス

Copyright© まったり動画ライフ , 2019 All Rights Reserved.