トビックス

鈴木孝記者ではない?嵐会見の無責任発言はスポニチの桑原記者?【動画アリ】

投稿日:

 

嵐が2020年をもって活動を休止するということで大騒ぎです。
昨日からテレビもネットも嵐の話題で持ちきりになっています。

 

嵐といえば、いまや国民的グループにまで成長しましたね。
そして、みんなから好かれるような好感度の高さも特徴です。

嵐の活動休止のニュースに悲しんだ人もたくさんいるでしょう。

 

しかし会見では、嵐のメンバーの笑顔も見ることができ、
残念なニュースではありますが、前向きに捉えることもできました。
5人の絆の強さも再確認でき、これからも嵐のことを応援したいと思える会見でした。

 

ただ、その嵐の会見であり得ない発言をした記者がいました!

「無責任なのでは?」の一言には、見ているこちらも言葉を失ってしまいます。
そしてそんな無神経な質問をした記者は誰なんだ?と大炎上です。

 

そこで今回は、嵐の会見で「無責任」発言をした人物は誰なのか?
鈴木孝という名前が出ているけど、本当なのかということについて紹介します。

 

スポンサーリンク

嵐の会見での「無責任」発言とは?

まずはその時の様子をご覧ください

「多大な功績を残されてきて、お疲れ様でしたと思う声もある一方で
やっぱり無責任じゃないか?という指摘もあると思うんです。」

 

よくこんな事をあの場で言えたなと思います。
嵐ファンを一瞬にして敵に回してしまいましたね。

 

特別嵐のファンという事はない人も
あの発言には「は?」と思ったことでしょう。

 

ジャニーズが大好きと有名な日テレの青木アナウンサーも
その場にいてかなり悔しい思いをしたようです。

アーティストの活動休止という事態は、たびたび報じられることもありますが、
数日後、数ヶ月後だったりと、急なことが多いと思います。

 

しかし今回の嵐の場合、活動休止まで2年という期間を作ってくれました。
先日発表されたアニバーサリーツアーの追加公演もスゴい数でしたよ。

 

活動休止の前に、一人でも多くのファンにコンサートを見にきてもらおうという
優しさがとても伝わってきます。

 

メンバーで何度も話し合い、事務所や関係各所、ファンのことを考え
2年後という結論に至ったんでしょう。

 

それが嵐なりの誠意ではないでしょうか
それを「無責任」というのは、ちょっと理解できません。

 

この発言の直後に嵐のメンバーの表情が一変しましたね。
見ているこっちもカチンとくるような質問だったにも関わらず、
その後の回答はさすがでした。

 

二宮さんの「リーダーが悪者に見えたなら、我々の力不足」という言葉は、
改めて嵐というグループの絆の強さを感じさせてくれるものでした。

 

なかなか他のグループでは、ここまでのコメントはできないかなと、
そしてこれを聞いた記者には、おおいに反省してほしいですね。

 

「無責任」発言は鈴木孝記者ではなかった?

嵐の会見で話題になった無責任発言ですが、
さっそくネット上では、鈴木孝記者ではないかと言われています。

 

鈴木孝記者はフジテレビのMr.サンデーでディレクターをしている人物です。

 

制作会社クロスロードの代表で、Mr.サンデーの他にも
めざましテレビやとくダネ!も担当されている方のようです。

 

しかし、会見直後は鈴木孝ディレクターではという声が多数でしたが、
今日になって違う人物が浮上したようです。

 

なぜ鈴木孝さんが無責任発言をしたと言われたのかですが、
昨日のMr.サンデーの放送で、問題のシーンが流れたとき
鈴木孝さんの後ろ姿がテレビに映ったことが原因とされています。

 

スポンサーリンク

「無責任」発言はスポニチの桑原記者だった?

実際の嵐の会見では、問題の発言をする前に、
社名と氏名を名乗っていたようですが、ニュースではカットされていました。

 

やはりこんなバカげた質問をした記者の名前を放送すると
とんでもないことになるということを考慮してカットしたのでしょうか。

 

それでとばっちりを受けた鈴木さんは、たまったもんじゃないですね。
では問題の発言は誰がしたんでしょう。

 

1月28日放送のとくダネ!では、記者名を入れて放送に踏み切りました。
勘違いされた鈴木孝さんは、とくダネ!も担当しているようなので
お怒りだったのかもしれません。

このことから昨日の会見で「無責任」発言をしたのは、
スポニチの桑原記者ではという意見になっているようです。

 

桑原記者について調べてみましたが、
残念ながら顔画像などは見つかりませんでした。

 

情報が入り次第、追記していきます。

 

ネットの反応

 

スポンサーリンク

 

-トビックス

Copyright© まったり動画ライフ , 2019 All Rights Reserved.